2013年04月24日

悲しきアップデート

悲しきアップデート――「見えない」ということ

腹立たしく、悔しく、そしてちょっとだけうれしい午後だった。

事の起こりは1通の事務的なメールだ。
僕が使っているスクリーンリーダー、つまり読み上げソフトである
FocusTalkのサポート窓口から、アップデートモジュールを
公開したという報せが来たのである。

現在のバージョンには、常々悩まされている不具合があった。
インターネット上んのリンク項目は、本来は通常より低い声で
読んでくれるので、最初の一声でそれとわかるのだが、その機能が
不安定で、8割がたはふつうの声で「○○○のリンク」と最後に
リンク項目であることを宣言するのだ。とくにFacebookを操る
ときなど、ただでさえ読み上げソフトを介すると時間がかかるのに、
この不具合のおかげでさらにさらに余計な時間が増える。
だから僕は、このアップデートのニュースに飛びついた。

とはいえ、イヤな予感はしていた。一つ前のアップデートのときも
その前も、ネットからのモジュールのダウンロードがうまくいかず、
結局CDでデータを送ってもらったのだ。今回も、一筋縄では
いかないかもしれないと、3匹くらいの虫が知らせていた。

案の定、ダウンロードができない。窓口に電話すると、リンクが
間違っているので修正したら連絡するという答。ほどなく電話を
もらい、再度トライしたけれど、やはりうまくいかない。

また窓口に電話すると、少し難しいのでと、そのままナビして
くれることになった。すると、その手順はおそろしく複雑で、
途中で思いもよらないキーを何度も押さなければならなかった。
画面が見えて、マウスを使えれば別に問題はないのだろうけれど、
なんといってもこれは視覚障碍者用の、スクリーンリーダーに
かかわるダウンロードである。おかしいではないか。3匹の虫は
腹に移動してうごめき始めた。

それでも、かわいい声のお姉さんが、当然とはいえそれは根気よく
つき合ってくれたので、文句は言わなかった。取り掛かってから
1時間以上が経過して、ようやくモジュールの実行にこぎつけた。

しかし、アップデート後に再起動して、スタートメニューを開いた
そのときだ。僕のパソコン、Windows7に、ただならぬ事態が
生じているらしいことが判明した……。(続く)
posted by しんどう at 02:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 「見えない」ということ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/65382169

この記事へのトラックバック