2012年10月14日

小学校での特別授業1

「今日!」と書き始めたかったのですが、残念ながら
「昨日」とすら書けなくなってしまいました……まあ、僕の
ブログでは、そうしてタイムリーな話題が色あせてしまうのは
いつものことですが。
ちなみに今回は、よい子の皆さん向けサビ抜き文体でいきます。
これを読んでくれたよい子の皆さん、僕のほかのブログを読んだ
ときに、「これ同じ人が書いたの?」と疑わないでくださいね。

というわけでおとといのことになってしまいましたが、練馬区立
向山(こうやま)小学校で、おしゃべりと演奏の特別授業を
やらせていただきました。呼んでくれた須藤先生は、何度か
一緒に演奏させてもらっている「っよいしょバンド」の
ベーシスト。「学校生活に、みんながワクワクできるドラマが必要」
と言う(あ、おともだちなので警護は使わないことにします)
須藤先生は、そんなドラマのひとつに、僕を登場させることを
思いついてくれたのです。

授業は5時間目・6時間目、もともとは4年生だけが参加する
はずだったのですが、急遽5年生も加わることになり、さらに
ご父兄も来られるとか。普段のライブの10倍くらいのお客様の
前で、話して吹くことになるわけです。

授業の前に、みんなと一緒に給食を食べたいとワガママを言い、
駅から須藤先生に案内してもらって、12時ちょうどくらいに
学校に到着。校長先生にごあいさつしてから、須藤先生が
担任する4年3組の教室に移動します。学校全体から感じられる
歓迎ムードは、4年生の教室が近づくといよいよ高まり、なぜか
廊下で待ち構えていた4年2組のせいとたちからは握手まで
求められて、「なんとか戦隊なんとかジャー」の一員になった
みたいな気分です。

3組の教室に入り、あとで紹介する予定のパソコン読み上げ
ソフトの準備を始めたところに、音楽室からせいとたちが帰って
きました。早速パソコンの前の僕を取り囲む子、ちょっと
遠巻きにしている子、反応はいろいろのようですが、とにかく
ジャニーズのどれかのグループのだれかなみに注目の的となって
いることは確かなようです。

やがて給食の準備が整いました。僕は、ジャンケンで勝ち抜いた
という6班に加わります。献立はサバの味噌煮、モヤシの
ゴマ和え、具だくさんのすまし汁にご飯、そして牛乳です。すぐ
隣に座った女の子は、あらかじめ勉強してくれていたらしく、
食べ物の場所などを適切に教えてくれ、牛乳ビンを開けるのも
手伝ってくれます。

日直の「いただきます」で食事がスタート。須藤先生が、
「おい、みんなどうした? 楽しくトーク、トーク」と
呼びかけるほど、教室は静かです。理由は明らか、僕が
どうやってモノを食べるかに、みんなの目が集中しているのです。

ライブでもついぞ感じたことのない緊張でした。なにしろこの
瞬間、僕は全国何百万人の視覚障害者を代表してサバの味噌煮を
食べるワケです。うっかりサバをポロリと落として、「ああ、
やっぱり見えないとハシはうまく使えないんだな」などと
子供たちに思われてしまったら、全国何百万人の視覚障害の
皆さんに、申し訳が立ちません。でもご安心ください。なんとか
皆さんの名誉は守れたと思いますよ。

授業本番は、次回に譲りましょう。これから中国の楽器・二胡、
ポルトガルの歌・ファドのライブをかけもちで聴きに行きます。
posted by しんどう at 12:25| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
笑!
情景がすごく浮かびます。
色んな活動されているのですね!

先日、近所の見知らぬ小学生の女の子に、
「こんにちは」と挨拶され、
うろたえつつ「こ、こんにちは」
と小さな声でお返事しました。

早い時間の出勤は、信号ムシだけは気をつけていたのですが、挨拶が出来ていなかった、、
私です。

真藤さんみたく、リスペクトされる大人になりたいです。

私だって小学生の頃は「本当にしっかりしているわね、大人ねぇ」とか色々褒められていたのですが、今その反動でこんなになってしまいましたーー笑。
Posted by 陸男 at 2012年10月15日 14:18
いえいえ、RIQUO様が実は意外にもかなり立派な大人だということはよく承知しておりますよ(笑)。女の子に小声であいさつを返したRIQUOがなんだか素敵、ていうかカワイイ(笑)。
Posted by シンドウ at 2012年10月16日 10:07
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/59209072

この記事へのトラックバック