2012年03月17日

怒涛の週末あらため怒涛の3月・その2

怒涛の週末あらため怒涛の3月・その2

タイトルを改めさせていただいた。
間があきすぎて、いったいいつの週末のことだかわからなく
なってしまったことがひとつ。そして、音ゲル係数の異常がその
週末でとどまったわけではないことがもうひとつの理由だ。

前回はまず、アラブ音楽のライブについて書いたが、これが3月
1日、まさに怒涛の3月のスタートだった。そして、翌2日の
午後に、若手和楽器演奏家たちのコンサートに行ったところまで
書いた。

その夜は、経堂の「茶泉」という店で、ファド&フラメンコの
ライブだった。茶泉は中国茶専門のカフェで、名前は周りの2胡
関係者からよく聞いていた。そういう店がなぜファド、なぜ
フラメンコなのか、当日聞いた気もするが、記憶はもはや春霞の
向こう側……まあ、「ひょんなご縁」の一言でまとめられる感じの
話だったように思う。

ファドはポルトガルの歌曲。恥ずかしながら、生で聴くのは
初めてだった。「哀愁」の2文字が枕詞のようになっているが、
実は楽しい曲もたくさんあるのだということがわかった。
そもそも、歌うMACHAKOさんが、哀愁とは真逆の
キャラだし。
彼女の迫力ある歌声は、一聴の価値がある。

相方の内山くんはフラメンコ・ギターが本職らしいが、もちろん
ファドもこなすなかなかのテクニシャン。それよりなにより、
MCが止まらない。ライブで僕よりしゃべるのは、さだまさし
だけかと思っていたが、違った。でもそれも含めて、楽しい
ライブだった。

1ドリンク・1フード付3000円、追加でワイン2杯、計4000円。
僕のようにライブハウス中心で音楽を聴き、しかも僕のように
酒飲みである場合、音ゲルとエンゲルは分かちがたく結びつき、
束になって首を絞めてくる。ワイン2杯というのは、必死に
抑えた結果である。

さて、続きはボチボチ書くとして、明日はこのMACHAKOさんの
ライブがおなじみテイクファイブであることを、あらためて
お知らせしておく。詳しくは、このブログの「ライブ情報」を
ご覧ください。
posted by しんどう at 12:27| Comment(1) | TrackBack(0) | 音ゲル係数
この記事へのコメント
松山千春は横浜アリーナライブで1時間半しゃべって1時間半歌っておりましたね(笑)それでも、6000円払っている客は誰一人帰りませんでしたね。

真藤さんは本気出して喋ったら、落語の高座に上がるしかなくなりますね。立川流なら何と名乗る事になるんでしょう
Posted by つぼけん at 2012年05月15日 19:39
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/54486976

この記事へのトラックバック