2011年08月29日

変拍子・その3

変拍子・その3――すいすい句ろん 6

★愛を語るならツクツクボウシ流  粋酔

 ずいぶん間があいたので、お読みいただいてきた方にだけ
わかるあらすじから(わからない方は「すいすい句ろん」の
過去の記事を是非お読みください)。

 俳句に代表される「五・七・五」を、日本人が心地よいと
感じるのは、そのベースが「4拍子8ビート」だからである。
しかし、あえてそれを崩すことで、ニュアンスや表現としての
面白さが生まれる場合があると僕は考えている。その礼として、
まず「字余り」、続いて「変拍子」の名のもと「中間切れ」と
「句またがり」を、順に紹介してきたのだった。
 なお、用語として、五・七・五のそれぞれのまとまりを「上五
(かみご)」「中七(なかしち)」「下五(しもご)」と呼ぶことを
思い出していただき、本題に入る。

 さて上掲の拙句。オスの蝉にとって、鳴くことは求愛行動だが、
ツクツクボウシ(ちなみに秋の季語)の鳴き方は、突出して芸が
細かく、起承転結の展開がある。僕も女性に愛を語るなら、
アブラゼミやミンミンゼミのように「好きだよ」「アイシテル」の
一点張りではなく、ツクツクボウシ流にスマートかつドラマ
ティックにいきたい、という願望を詠んでみた。

 実は、これを句会に出した時点では、
「愛語るならばツクツクボウシ流」
という形(推敲前ということで以下「ビフォー」)だった。のちに
「を」を入れれて「ば」を削って冒頭の形(以下「アフター」)と
したのだが、その推敲の意味も含めて、句またがりについてもう
少し考えてみたい。

 ビフォーは、無理矢理五・七・五で切ると、
「あいかたる・ならばつくつく・ぼうしりゅう」
となる。中七から下五は明らかに句またがりだ。ただ、前回
触れたように、ここはもともと読むにあたって「休符」、つまり
間が不要だし、セミの名も「ツクツク-ボウシ(法師)」と
分かれるので、あまり違和感・変拍子感はないだろう。

 問題は上五〜中七のほうだ。これまで音数のまとまりについて
述べるとき、とくに断りなく「言葉(文節)の切れめ」という
微妙な書き方をしてきた。ここで観念して、その意味を説明して
おこう。

 「文節」というのは、中学の国語の授業で、「ね」を挟んで
区切れる言葉のまとまりと説明された記憶があるかもしれない。
たとえば「この紋ドコロが目に入らぬか」だったら、「このネ、
紋ドコロがネ、目にネ、入らぬか」と4つの文節に分かれる。「が」
「に」「ぬ」「か」もそれぞれ一つの単語なのだが、これらは前の
言葉に意味をつけ加えたり、その言葉の役割を示したりする
助詞や助動詞たち。携帯に対するストラップ、掃除機に対する
スーパーはぼき同様、主役と離れては働きようがない連中である。
だから、前の言葉と合わせて「一文節」となるのだ。そして、
句またがりは、単語でなく文節を基準に考えなければならない。

 ビフォーの「語るならば」の部分は、単語に分けると「語る・
なら・ば」と3語になるが、「なら」は助動詞、「ば」は助詞
なので、切り離せない1文節だ。つまり、「愛語る」の語文字で
切れることはなく、しっかり中七にまたがっているのである。

 「4拍子8ビート」説では、上五と中七の間には休符3つ分の
間が置かれるはずだが、ここが「またがる」と、その休符が丸々
スッ飛ばされることになる。その結果、中七〜下五の句またがり
とは比べ物にならない、強烈な変拍子感が生み出される。

 この句の場合、ちょっとややこしいのは、本来は「助動詞+
助詞」だった「ならば」が、独立した接続詞としても使われる
ようになっていることだ。「ならば」を接続詞と考えれば、前の
「語る」とは完全に切り離せるから、「愛語る」は文句なく上五と
して独り立ちし、句またがりは解消する。

 ただその場合、句の意味合いは「愛を語るの? それならば
ツクツクボウシ流がいいよ」と、「上から目線」で教えている
ようなニュアンスになる(と僕は感じる)。それは僕の意図とは
まるで違ってしまうわけだ。それに、「愛語る」と助詞を省略した
言い方も、あらためて考えるとなんだか舌足らずだ。

 それでアフターとなった。こうすれば、「なら」の前で切られる
ことはほぼないだろう。言葉の響き、流れもよくなった。

 しかし一方で、アフターはもはや定型句とはいえないのでは
ないか、「自由律俳句」に分類すべきではないか、という問題が
頭をもたげる。
次回はそこに切り込み、「変拍子論」を締めくくろうと思う。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/47609480

この記事へのトラックバック