2011年07月22日

二胡ティータイム・ライブ

日付をさかのぼって日記を書いていくなんて、なんだか小学生の
切羽詰まった夏休みの宿題みたいですね。でも、7/17のことは、
やっぱり書いておきたいと思います。

スケジュールのページでもお知らせしていたとおり、この日は
梅ヶ丘・テイクファイブで二胡のティータイム・ライブがあり、
僕も何曲か、参加させてもらいました。初めての試みでしたが、
演奏者の3人がそれぞれお客様を呼んでくれたので、文字通り
満員御礼の大盛況でした。

二胡を演奏したのは、みんなアマチュアです。でも、ただ趣味で、
自分たちが楽しければいいというところからもう1歩進んだ、
音楽の表現者としてやっていきたいという意欲が強く感じられる
人たちです。だから当然練習熱心で、演奏レベルもアマチュアと
してはかなり高い。

こういう人たちに対して、今回テイクファイブは、とてもいい
場を提供してくれたなと思います。企画がお店の性格や方針から
大きくそれていないという大前提はありますが、細かい内容に
ついては演奏者の自由にまかせ、機材の使用を含めて、演奏者の
負担は一切ない……どころか、昼食がわりのおにぎりが
サービスされちゃったりします。

集客については、これはライブ的なものをやったことのある
方なら重々ご承知のとおり、まさにミズモノなわけですが、
今回は、演奏者サイドのお客様以外に、飛び込みの方を含めて
10名ほどの来場者がありました。これは、出演者にとっては
嬉しいこと。知らない人に聴いてもらえるわけですから。
まあ今回は、おかげで日とが溢れそうになったんですが。

さて、肝心のライブはというと、もちろん大成功でしたよ。
和気あいあい、リラックスした感じで、しかも音楽はちゃんと
楽しめて、アマチュアの無料ライブとしては、理想的な形に
なったんじゃないでしょうか。

これについては、二胡という楽器の持つ魅力もむろん大きい。
音色とかメロディが、日本人好みなんですね。この日は、日本の
曲やポップスもずいぶんやって、そうそう、あのヴァイオリンの
難曲『チャルダッシュ』もありました。皆さんに二胡の幅広さも、
感じていただけたと思います。
ちなみに、絶世の美女TOMOMIちゃんの二胡とコラボした、
尺八入り『紅楼夢』も、かなりいい感じだったはずです。
二胡を弾いてみられる体験コーナーも好評でした。

出演の3人はすっかり味をしめたようで、たぶん9月に第二弾が
あります。僕のHPのどこかで必ずご案内しますので、ご興味の
ある方は是非チェックしてください。
それから、自分たちも同じようなことをやってみたいという方も、
僕にでもテイクファイブにでも、是非ご連絡を。

テイクファイブHP
http://www.takefive-umegaoka.com/

posted by しんどう at 09:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/46890966

この記事へのトラックバック