2011年06月10日

HISASHI 11/6/9

HISASHI 11/6/9――音ゲル係数 5

HISASHIのライブを、なぜみんなは聴かずに平気でいられるのか、
僕には理解できない。それほど、僕にとって彼の歌を、とりわけ
生で聴いている時間は、まさに「至福のとき」なのである。

もう一人の溺愛アーティスト・RIQUOは女性なので、あまり
ホメ過ぎると下心を疑われるからひかえめにしているけれど、
HISASHIの場合はその心配はない(はず…だと思う)ので、
手放しでホメ讃えることにする。

まずは彼の声。初めてCDの彼の歌が耳に入ってきたとき、
井上陽水かと思った。声質は似ている。でも、しばらく聴いて
みると、陽水より複雑で幅があり、ずっとセクシーな声だった。
それからしばらくは、ある場所で、ラジカセで再生されるCDを
聴くだけだったが、ついにライブに出かけたとき、再び彼の声に
圧倒された。

歌唱力も図抜けている。。独特の声と広い音域を生かした繊細な
表現力はもちろんのこと、スキャットのテクニックも抜群で
センスもいい。ちなみに、舌を鳴らすパーカッションは彼の
得意ワザだ。

日本の男性ジャズボーカルというと、小林桂とかTOKUとか、
似たタイプが多いように思うのだが、HISASHIは別世界の人間。
ジャズ界だけでなく、日本の男性歌手全体を見渡しても、彼の
ようなボーカリストはちょっと見当たらない。

さらに、彼のオリジナルが素晴らしい。ジャズではなくて、
ポップスとしか分類できないが、とにかく美しい曲である。
バラードが多く、マイナーとメジャーの間をたゆたうコード進
行が独特の世界を創り出す。

まだある。そのオリジナルを含めた選曲、スタンダードはじめ
カバー曲のアレンジ、彼ならではのMC。アングラな世界かと
思いきや、実はエンターテインメント性も高い。もちろん、
今回のユニットのメンバー、ヤヒロトモヒロ(perc)、一本茂樹(b)、
阿部篤志(p)をはじめ、バックのミュージシャンも一流だ。

この上質で美しく、しかも楽しいHISASHIワールドを、
どうしてみんな体験しようとしないのか、それほど広くない
渋谷・クラシックスがなぜ人であふれ返らないのか、僕には理解
できないのである。
とはいえ、音楽も食べ物と同様、好みの違いが大きい。僕の心の
琴線は、HISASHIの音楽によってワシヅカミにされているけれど、
みんながみんなそうなるとは限るまい。でも、僕と同じような
琴線が、心に張られている人も、少なくないと思うのだ。

そんなわけで、次のチャンスは6月19日、わが国屈指の
ベーシスト・吉野弘志(どのくらいすごい人かは各自調べて
ください)とのデュオだ(詳しくはRecommendのページに)。
ところがなんと、その日は、あとから決まった僕自身の本番が
カブっているではないか(詳しくはScheduleページに)。だから、
大きな声でオススメするわけにはいかない。ただ、このブログを
読んでくださり、自由が丘のほうに駆けつけてしまった方を、
僕はうらまない。
posted by しんどう at 17:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 音ゲル係数
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/45872706

この記事へのトラックバック